年間死者数の増加と公的葬祭施設の増加 / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]年間死者数の増加と公的葬祭施設の増加

多くの報道がなされているように、現在日本の人口は減少しています。少子高齢化が進み、日本の人口ピラミッドは壺型と呼ばれる形になっています。出生人数は低下し、死者の数は増加しています。2000年から現在までで年間死者数は30万人以上も増加しており、反対に1973年に200万人を超えていた年間出生数は徐々に低下していき、現在では100万人を切っています。多くの人口変化の予想では2040年ごろまで人口の減少が続くと予想されています。多くの先進国では女性1人当たり2人の子どもを産んでいる国は先進国では4か国しかなく、多くの国で人口が減少しているのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]都市部を中心に新設が望まれる葬祭の施設

死亡者数が増加しているということは、単純に葬儀式場や火葬場の需要がこれからも変わらず増加していくことを示しています。

葬儀に関する費用に関しては後継者が少なくなることなどから一概に増加していくとは限りません。しかし、単純な葬儀数の増加は、都市部での葬儀式場や火葬場の不足を引き起こすでしょう。大都市などでは公営斎場を利用するために一週間近くも待たなければならないということもあるそうです。

大都市などではそうした葬儀、火葬への需要に対応するために公営斎場や霊園の新規設置を行っている自治体もあります。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]住民が無理なく利用できる利用料金設定

民営の式場を利用するのではなく、公営の式場に利用が集中する理由はいったい何でしょうか。公営の式場というのは自治体の住民サービスの一環として設置されているものです。

そのためその設置や管理運営には公費が利用されています。そのため住民に利用しやすい利用料金の設定がされており、近年遺族の家計を圧迫することの多い葬儀費用の軽減をすることができます。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]船橋商圏における公営斎場

千葉県の大きな商業圏でもあり、東京都や千葉都心へのベッドタウンとして千葉県に西部に船橋商業圏があります。船橋市は現在でも人口が増加しており、中核都市としては全国一位の人口を誇っています。

船橋、鎌ケ谷、習志野、八千代などの地域では今後も葬儀や火葬のための施設の需要が見込まれるため2019年の10月にも同四市の共同利用ができる新しい公営斎場の供用が始まったほどです。

船橋市にある公営斎場としては馬込斎場があります。馬込斎場も同様に船橋、鎌ケ谷、習志野、八千代の四市の住民を対象とした斎場となっています。

馬込斎場は利用料金も比較的安く、またお通夜前の遺体の安置から火葬まで同敷地内で全てを行うことができる火葬業務と葬儀業務を総合的に行うことができる施設となっています。また新しい斎場も供用が開始されたため、馬込斎場も以前ほどの混雑はなく利用することができるはずです。

船橋市や鎌ケ谷市、習志野市、八千代市で葬儀をお考えの際は馬込斎場をご利用してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

|

サイトメニュー