喪主を悩ませる香典返し、その一般的な考え方は / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]喪主を悩ませる香典返し、その一般的な考え方は

葬儀を行ったあとで困ることのひとつとして香典返しがあります。香典返しというのは葬儀を行った際に弔問客の方に頂いた香典に対する返礼を行うというものです。
香典返しを行うのは一般的に忌明けである忌中の後一ヶ月ほどに行うのが一般的だと言われています。
現在では香典返しを葬儀の当日に行う場合もあります。当日返しの場合、一律の返礼品を用意してその日のうちに品物の形で香典返しを行うという方法です。特に高額の香典を頂いた場合には忌明けに改めて返礼品を行います。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]本来の香典の意味は相互扶助の労力、食料そして金銭

本来香典というのは葬儀を行う際にかかる費用を相互扶助の形で行うものでした。葬儀を行う際に必要になる費用だけでなく、さまざまな労力の形で葬儀の手伝いをしたりまた精進落としやお斎などで必要になる食料を提供するなどの形で香典が行われていたのです。
本来返却の必要がなく相互扶助で行われていた香典でしたが、現在では金銭の形で葬儀に弔問する際に持参するものとして定着しています。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]香典返しの金額とお返しの方法

返却するのはいただいた香典の三分の一から半額程度が目安となるとされています。返礼の物品がその金額に当たるようにするのが一般的です。当日返しの場合にはその金額と遥かに乖離がある香典を頂いた方には人には忌中明けに改めてお返しをします。
香典返しの金額や品物には特別なしきたりがあるわけではありません。しかし、その項目が葬儀であるため、慶事に送ることの多い、肉や魚、お酒などは避けるべきだという考えがあります。また消え物が良いとされているため、お茶や海苔、洗剤などを返礼品として用意することが多くあります。
現在ではカタログギフトなどで返礼品を弔問客に決めてもらうというサービスもあります。また最近では、弔問客の人数が分からないため、葬儀業者がそのまま引き取れるものとしてクオカードなどを利用することもあるようです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]事情により香典を返さないケースも

香典は亡くなった人に対する畏敬の気持ちと遺族に対する相互扶助の気持ちから送るものです。経済的に困窮している場合などには香典返しをしないこともあります。また葬儀の際に香典などをお断りする旨を伝えていた場合などにも香典返しをしないこともあります。
しかし、そうした場合でも挨拶状を送付するなどして忌明けに香典をどのような使途で利用したのか報告するのがマナーだとされています。

PAGE TOP

|

サイトメニュー