葬儀施工事例紹介「 読書好きのご主人のために」 / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

読書好きのご主人のために馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]

葬儀プラン

通夜・お葬式(2日)約50名様用

※クリックするとプラン詳細へリンクします
費用 878,000円
式場 馬込第二式場

ご家族からのご要望馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]

主人は読書をするのが趣味で大変な数の書籍があります。その中の5冊を祭壇に並べてそのあと一緒に火葬して天国へ持って行って欲しい。

運営よりコメント馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]

喪主様である奥様との打ち合わせの際、まず始めにご主人様が大変な読書家であること、そして他にほとんど趣味がないことをお伺いいたしました。

奥様に許可をいただいて、ご主人様のエピソードを少し抜粋してご紹介いたします。

寡黙なご主人様は奥様とお付き合いをされる時もなかなかはっきりとしたことを言わずに、なんと初めて二人でデートをしてから1年以上も経ってからお付き合いをしたとのことでした。

あまり感情を表に出さず口数も少ないご主人様でしたが、たくさんの書籍を読んでおられる賜物で言葉選びがとても上品で素敵だったとのことでした。
ご結婚を決められたのもプロポーズの言葉が心に響いたからだとおっしゃってました。(どんな言葉は秘密だそうです)

そんなお二人のご縁にもなった書籍の中から特に気に入っていた5冊を祭壇に並べさせていただきました。
大変恥ずかしながら、私が存じ上げてたのは川上未映子さんの「ヘブン」という小説のみでございました。

ビジネス書や歴史解説書、動物図鑑など他ジャンルの書籍をお読みになるとのことですが、純文学作品の数がもっとも多く、中でも青年期までの人間模様を描く作品を好んで読まれたようでした。

「もしかすると、大人になって成熟していく中でも失ってしまいそうになる心の中の葛藤や憤りを、読書で取り戻していたのでしょうか・・?」
と奥様は言っておられました。

ですがなんと、奥様はその中のほとんどお読みになった事がなく、社交ダンスやお庭での野菜作りなどアクティブなご趣味をたくさんとの事でした。

それぞれ違うタイプのご趣味をもちつつ、お互いに持っていない才能を認めあっていらっしゃったんだと感じました。

PAGE TOP

|

サイトメニュー