増加しつつある葬儀式場併設の公営火葬場 / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]増加しつつある葬儀式場併設の公営火葬場

現在全国には多くの公営斎場があります。公営斎場の中には火葬業務と式場業務を行っているところもあります。

従来の公営斎場には火葬業務のみを行っているところがほとんどでした。しかし、最近では火葬業務のみではなく式場業務を行う場所は増えています。これはいったいなぜなのでしょうか。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]時代の変化により減少していった自宅での葬儀

現在では葬儀場で葬儀を行うのは一般的になってきました。しかし、以前は葬儀場で行うことの方が少なかったのです。

もともと葬儀は自宅で行うものでした。自宅で葬儀を行うことができない人は地域にある公民館などで葬儀を行っていました。葬儀は地域で協力して行うものであり、葬儀を通じて地域の絆を深くするひとつの行事でもあったのです。

葬儀はその地域ごとにさまざまなしきたりや風習があり、葬儀を実際に行うことによってそれを後世に伝えていたのです。しかし生活習慣などが変化していくにつれてそうした状況は変化して行きました。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]住居の変化、生活の変化、そして葬儀実施方法の変化

葬儀を行う場所に大きな変化をもたらしたのはライフスタイルの変化です。

まずひとつめは建築技術が向上したことにより集合住宅が作られるようになったことです。集合住宅では葬儀や法要を行うのは難しく、結果として自宅で葬儀を行うことは少なくなっていきました。ふたつめに移住する人が多くなったことがあります。

定住してその土地で生活をする人が少なくなり、進学や就職、転勤などで移住する人が多くなった結果、その土地で生まれてから死ぬまで生活するという人は非常に少なくなりました。引き継がれていた葬儀などに関する風習は途絶え、全国で画一的な葬儀の方法が行われるようになってきたのです。

葬儀は地域で協力して行うものではなく、業者に頼んで行うものとなり、葬儀を行う場所は地域の公民館から業者によって建設された葬儀式場へと変わっていきました。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]現在ではほとんどの葬儀が葬儀専門ホールで行われている

多くの民営葬儀式場が駅の周辺や住宅街の中などに作られました。その結果として葬儀をする場所は葬儀式場であるという認識が一般的になりました。現在ではおおよそ8割ほどの葬儀が葬儀式場で行われています。

葬儀式場で葬儀を行うのが一般的になると、民営の葬儀式場ではなく公営の葬儀式場の建設も求められるようになりました。自治体の規模に合わせて葬儀式場が作られており、ひとつの自治体に多くの斎場が建設されていることもあります。また複数の自治体でひとつの斎場を所有している場合もあります。

千葉県の船橋市、鎌ケ谷市、習志野市、八千代市の場合、広域公営斎場として馬込斎場があります。四市の住民の場合、火葬施設と式場施設の両方を比較的低価格で利用することができます。

PAGE TOP

|

サイトメニュー