お葬式の4つの役割時代が生んだ家族葬 / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]お葬式の4つの役割時代が生んだ家族葬

一昔前までは、お葬式は町会やご近所を交えて、地域ぐるみで行われるのが慣わしでした。”村八分”の残り二分は「火事」と「葬式」を示し、たとえ犬猿の間柄でも、この2つだけは大人も子どももコミュニティのなかで助け合い、支え合うのが道義とされていたのです。

ところが近年では、地域社会の希薄化が進んで近所づき合いも乏しくなり、隣家とすら「会釈だけ」の間柄も珍しくありません。
さらに、一族みなが同じ土地や地域に住むことは稀となり、隔てる距離と比例して、関係も疎遠になりがちです。勤務先の人間関係も同様で、退職から時間が経つほど、必然的に関係性も薄れていきます。また、生産性と効率重視の社会となって、身内の「忌引」でもおちおち休めない勤務体制のことすらあります。

こうした、地縁、血縁、社縁の変化とともに、お葬式の目的もスタイルも変わってきました。
かつて、お葬式には、遺された家族へ故人の人脈を引き継ぐ目的もあり、大規模でたくさんの人が集まるほど「立派なお葬式」とされました。しかし、核家族化が進み、個人主義が浸透した現代では、あまり意味をなさなくなってきたのです。

金銭感覚においても、「無駄なものにお金はかけない」意識は高まる一方で、お葬式も見栄や体裁よりは「費用対効果」で”納得度”が重視されるようになりました。

さらに、「煩わしい人間関係はイヤ」「気の合わない相手なら、親族でもつき合わない」といった風潮が強まるにつれて、近親の身内だけか、気心の知れた親しい人のみを交えた小規模なお葬式(「家族葬」)が好まれるようになり、この数年で瞬く間に普及したのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]お葬式の種類とスタイル

お葬式には、
1.遺体の処理(火葬)
2.宗教儀礼(故人を”あの世”へ送り出すための儀礼的行ない)
3.社会的な死の告知(法的手続きと、関係者への知らせ)
4.市と受認による心のケア(遺族らが故人の死を受け入れ、悲しみを癒して心の整理をする)
の役割があるとされています。
お葬式の種類に厳密な定義はありませんが、およその区分を付けると次のとおりです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]お葬式の種類

従来型の葬儀(一般葬)
参列者を制限せず、関係者全般が集う従来からのお葬式。故人と面識がなくても、社会的な縁や義理で参列する人も含まれる。会葬者50人超えが目安で、費用150万円〜。

家族葬
参列者を親族や故人を知る親しい人に限定し、対象者のみに告知して行う小規模な葬儀。遺族が希望する人のみ集まる。会葬者5〜50人までの規模が主流で、30万円程度〜。

直葬
儀式的なものを省き、ごく限られた親族や近親者によって、祭壇を設けずに安置だけで故人を送る簡易家族葬。10万円〜30万円が目安。

無葬
表立った弔いはせずに、火葬場へ直行して故人を火葬する。立ち合いは数人の親族のみか、業者にすべて委託も可能。7〜15万円程度。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]さまざまなスタイルのお葬式

スタイルについても”こうでなければならない”といった、杓子定規的な定義はなくなってきています。

夕方以降に「通夜」、翌朝から「葬儀・告別式」といった2日にわたる従来の内容を、1日で行う「ワンデイ葬儀」や、ごく身内だけでシンプルに火葬のみで送り、あとでホテルやレストランで友人らを交えて「お別れ会」を開く葬儀スタイルもあります。

宗教儀礼を用いず、会葬者の歌やピアノの生演奏などで送る「音楽葬」のほか、自由な発想で”その人らしく”送るのも今やタブーではありません。送る花も白に限らず、色とりどりの花が用いられるようになりました。

また、現在、お葬式を行う場所として主流になっている葬儀会館もさまざまなタイプがあります。

小規模な家族葬向けの個室を備える施設も増え、落ち着いた和室の小部屋から、ホテルの一室のようなリビングタイプまで、送る側の思いやスタイルに合わせたお葬式が実現できる時代になっているのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]成功の秘訣は葬儀社選び

地縁、血縁、社縁が希薄になり、葬儀社に頼らざるをえない比重が高い分、今では葬儀社の選択がお葬式の成功・失敗を分けるといっても過言ではありません。やり直せないのです。
相談時には、こちらの希望や条件を丁寧に聞き取ってくれたうえで、柔軟に提案のできる相手(業者)でないと失格です。間違っても、

○訊ねたことに答えるのを面倒くさがる。
○「聞く」より「話す」姿勢が強く、自分のペースと自社都合で話を進める。
○選択肢を示さず、勝手に判断して決める。
○安価な内容を希望すると、一方的にダメ出しする。または、冷徹な反応に急変する。

などの担当者がいる葬儀社は選ばないこと!
なお、「死亡診断書」と「遺影写真」を一度業者に渡してしまうと、あとのキャンセルが難しくなります。必ず、最終決定して選んだ葬儀社へ渡すようにしましょう。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]大金を託せる相手か直接対応を吟味して

葬儀社を見極めるには、担当者の対応を見るのがいちばんです。聞き慣れない用語や、わかりづらい単価設定など、不明点はなんでも担当者に質問しましょう。

スタッフの対応は、そのまま業者の葬儀への意識の高さや施工姿勢に通じます。こちらが納得いくまできちんと説明もできない担当者の会社では、親身になって誠意を尽くしたお葬式など到底望めません。時間が許すなら、葬儀会館など施設の下見もかねて、実際に足を運んでみたほうが安心です。「百聞は一見にしかず」で、電話や資料の印象とは違う場合もあるからです。

「葬儀社なんて怖い」「行ったら丸め込まれそうで勇気がいる」と心配なら、家族や親しい友人などと一緒に行くのがいいでしょう。わずか数時間、数日の手間と労力を惜しんだばかりに、一生の後悔にもつながりかねません。少なくとも、数十万円の対価に見合うサービスが受けられるか、託すに値する相手(業者)かは見極めるべきです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]希望予算からコストパフォーマンスで比較

葬儀業の所轄は経済産業省ですが、許認可は不要で届け出義務もなく、規制もありません。

このため、異業種からの新規参入もしやすく、また、価格設定やサービス、契約方法、内容に至るまで、すべてが各業者に委ねられています。

”定価”や”規格”がなく、各社で違いがあるのはそのためです。
葬儀社の種類は大きく4つに分類できます。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]専門葬儀社

家族経営規模の地元密着型から、市や県規模で依頼が可能な中小企業のほか、全国規模で展開する大手企業もあります。

葬儀を行える施設=葬儀会館を保有している葬儀社と、持っていない葬儀社があり、後者の場合は公営の式場や寺院の葬祭ホール、自宅などを利用することになります。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]冠婚葬祭互助会

会員となって前払い金(掛け金)を毎月納め、冠婚葬祭に必要な費用を積み立てる業態。

満期以前に利用する場合も、差額を払えば会員特典が受けられますが、中途解約には手数料が必要です。

ちなみに、”互助会”といっても、独立した民間企業です。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]農協(JA)・生協・漁協

組合員を対象に、葬儀サービスを提供しています(JAでは組合員以外の葬儀も手がける)。

多くは葬儀社と提携しており、価格が明瞭。ただし、事業者によってサービスや内容が異なります。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]異業種企業

墓石販売企業、仏壇会社、生花業者、鉄道業者ほか、ホテルやブライダル企業などでも、自社の利点を生かした葬儀を手がけているところがあります。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]納得度の高い葬儀社を選ぶのも賢い方法

各社それぞれに長所と短所があり、どの業者へ依頼するかで、お葬式の質や内容もガラリと変わってきます。

とはいえ、容易にイメージがつきかねる場合や、検討する時間や労力が限られている状況では、まず、出費額を仮定してしまいましょう。

「お布施も含めて、総額○○円まで」と、上限の希望予算を先に告げて、複数社から見積もりを取り、コストパフォーマンスで比較するのです。

同時に対応力や接客態度もはかれるため、トータルで比べて、納得度の高い葬儀社を選ぶのも賢い方法です。

PAGE TOP

|

サイトメニュー