葬儀にまつわる施設の変化 / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]葬儀にまつわる施設の変化

日本の大きな墓地というと大仙陵古墳などの大規模な墳墓や日光東照宮などの寺院など、時の権力者が建てた大きな規模のお墓などを想像するでしょう。その頃に作られた庶民のお墓はほとんど残っておらず、現在わたしたちがお墓として認識しているもののほとんどは江戸時代以降に作られたものです。

葬儀における習慣などもほとんどが江戸時代を起源としています。江戸時代は日本の歴史上で最も長く戦乱が起こらなかった時代で、それゆえに庶民には富の蓄積が起こり、文化が発展していきました。

現在の葬儀で行う棺回しや逆さ屏風、北枕や六曜を利用しての友引での葬儀を避けるという風習もすべて江戸時代に広がったものです。

わたしたちが現在行っている葬儀の形もその頃に形作られたものです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]日本の火葬率の高さは火葬場の多さによってなされた

人が亡くなったときには自宅に医者が呼ばれ、その最期を確認しました。亡くなったあとは枕飾りを飾り、枕経をあげました。その後通夜が行われ、翌日宗教的儀礼である葬儀が行われたのです。その後葬列で火葬場、もしくは埋葬を行う墓地に遺体が運ばれ、火葬もしくは土葬で遺体は供養されました。

現在の日本では99.9パーセント以上の割合で葬儀が行われています。その背景としては日本全国に非常に多くの火葬場があったことがあります。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]火葬場は社会的インフラとして考えられつつある

諸外国でもイギリスや韓国などでは近年火葬の割合が非常に高くなってきています。

その背景には国内に火葬場が多く作られてきたことがあります。現在の日本では火葬場は自治体が所有するものを利用することが多くなっています。

火葬場が嫌悪施設であるため、新たに火葬場を作ることが困難であるということや、火葬をすることが当たり前のことになったため、くらしのサービスの一環として自治体がそれを担うようになったからです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]葬儀式場にも公的サービスとしての役割が求められる

同様に公営の葬儀式場も多く作られています。葬儀を行うのがかつてのように自宅ではなくなったため、民間のサービスだけでなく公的なサービスとして公営の葬儀式場が作られたのです。

船橋市の場合、船橋市馬込町に馬込斎場があります。これは船橋市のみならず隣接する習志野市、鎌ケ谷市、八千代市にも利用されている斎場です。

公営斎場であるため利用料金が低額であることや、そのまま同敷地内にある火葬場を利用できることから四市の多くの人に利用されています。

船橋市、習志野市、鎌ケ谷市、八千代市で葬儀を行う際には馬込斎場の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

|

サイトメニュー