現在のお葬式の形と葬儀を行う場所の変化を考える / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]現在のお葬式の形と葬儀を行う場所の変化を考える

葬儀は宗教的、そして社会文化的な儀式です。現在のわたしたちの葬儀はお通夜、葬儀そして告別式という形式で行われています。何気なく行われている儀式ですが、儀式にはそれぞれ役割があります。

現在の葬儀は画一的な形で行われているわけではありません。直葬や一日葬など従来の葬儀の形とは異なるものが多くあります。結論から言うのであれば葬儀にこうであるという正しい形は存在しません。

しかしわたしたちの先祖が行ってきた葬儀の形にはさまざまな思いが込められています。ここではそうした葬儀の形について考えていきます。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]葬儀とお通夜の関係は なぜ最初に葬儀が行われるのか

一日葬で省略されることもあるお通夜。一説によるとお通夜というものは奈良時代には行われていたと言われています。

お通夜が最初に行われる理由は葬儀よりもお通夜の方が先に行わなければならないということからです。
葬儀の役割は宗教者による死の認定です。

葬儀は宗教的にその人物がこの世の者ではないということを認定する儀式です。そのため、医学的な死である医者による臨終の認定のあと宗教的な認定である葬儀が行われるのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]かつてのお通夜の意味と現在のお通夜の役割

その間に行うお通夜は一種の蘇生の儀式でした。故人のそばで一晩を過ごすことによって、その人物の復活を願い、そして同時に故人の死の確認を行うのでした。

ろうそくや線香の火を一晩中絶やさないことは、宗教的に魂の昇天という意味合いと、実利的に遺体の確認と死臭を避けるという理由もあったのでしょう。

死の確認という意味では現在の医学ではかなり高い割合で行うことができます。そのため蘇生の儀式というよりも個人への別れを告げるという意味合いが強くなったのでしょう。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]葬儀する場所の変化 葬列の変化

もともと告別式は埋葬の直前で行われていました。大きな儀式というよりも、故人との最後のお別れの場であり、遺体を墓地などに運ぶ葬列の後に墓地に到着してから行っていました。

しかし霊柩車の登場などによって葬列は行われなくなり、葬儀式場で最後の別れを行うようになったのが一般化し告別式になっていきました。

従来の自宅葬とは形が変わってきたことから葬儀の中で行う、お通夜、葬儀、告別式の形も変わりつつあります。葬儀を行う場所も自宅から斎場へと変化して行きました。

千葉県にも多くの公営斎場があります。市川市に対応する市川市斎場。鎌ケ谷市、習志野市、船橋市、八千代市に対応する馬込斎場。千葉市に対応する千葉市斎場。八街市、富里市、成田市に対応する八富成田斎場など自治体によって葬儀や火葬を執り行う場所も提供される時代になっているのです。

PAGE TOP

|

サイトメニュー