金封を持ち運ぶときに知っておきたいマナー / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]金封を持ち運ぶときに知っておきたいマナー

香典を送る際には袱紗に包んで持参するのが一般的です。
袱紗というのは冠婚葬祭などの祭事に伺う際にご祝儀やご香典などのお金を持ち運ぶ際に金封を包む布のことです。袱紗を持っていない場合でも金封をそのまま持ち運ぶことは非礼に当たるため、ハンカチなどの布で代用することがあります。

袱紗の色に関してはご祝儀を包む場合には暖色系の明るい色を、ご香典を包む際には寒色系の沈んだ色のものを使用します。紫の場合は慶事でも弔事でも利用することができますが、基本的に人目につく鮮やかな色の場合は暖色系の色と判断されてしまうことがあるため紫でも淡い色のものは避けるようにした方がいいでしょう。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]冠婚葬祭の贈与用のお金に関する礼儀とは

袱紗を利用する理由としてはふたつあります。ひとつはその金封を送る相手に対する礼儀です。ご祝儀やご香典などのお金を持ち運ぶ際に現金のまま持ち運ぶ人はいないでしょう。

相手に対する礼儀として結婚式などの慶事の場合にはきちんと準備をしていたことを示すために新札を用意するのが一般的です。

またお葬式などの弔事の際には用意してあったわけではないことを示すために新札を避けるのが礼儀となっています。また金封に現金を入れた状態で持ち歩くことは失礼にあたるため、そうした冠婚葬祭の金封というのは現金を金封に包んだうえで袱紗に入れて持ち歩くのがマナーなのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]現金のやり取りではなく、そこにある気持ちをやり取りする

また金封を汚してしまったり折れ目がつかないようにするという理由もあります。こうしたお金の贈与というのはお金そのものを渡すという意味以上に相手に対する敬意を払う場でもあります。

ある神社の神主さんの話では、最近ときどき祈祷を行う際の初穂料や玉串料をそのまま財布から現金で支払う人もいるそうです。

こうした神事や慶事、弔事で支払うお金というのは単純な現金のやり取りではなく、その行動に対する感謝や祝いの気持ち、そしてお悔やみの気持ちなどを一緒に伝えるために送るものです。そうした気持ちをきちんと伝えるために礼儀を持って受け渡しをすることが望ましいのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]普段から礼儀などの知識をある程度身に付けておくこと

これらのことから冠婚葬祭のお金は金封に包んだうえで袱紗に包んで持ち運ぶのが好ましいでしょう。

葬儀は突然知らされるものです。訃報連絡を受けてから弔問するまでの時間は長くはありません。普段からこうした礼儀などに対して準備をしておくことはもしものときに失礼なく弔問するために重要なことです。

PAGE TOP

|

サイトメニュー