葬儀に関する関心の高まりと消費者の選択 / 馬込斎場|船橋の葬儀・葬式・家族葬

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]葬儀に関する関心の高まりと消費者の選択

最近報道などでも「終活」という言葉が使われるようになってきました。こうした言葉が使用されるようになった背景としては「無縁社会」などと揶揄されるようになった現在の日本の情勢があるでしょう。

以前は自身の葬儀について生前深く考えておかなかったとしても、懇意にしている菩提寺などに弔ってもらえるという安心感がありました。そのため終活を行っておく必要性は高くありませんでした。

しかし、人口の流動化などから菩提寺がどこであるのかわからないという状況や、移住してしまったため縁のあるお墓や寺院などが全くないという状況が珍しくないという状況になってきたのです。そのため高度経済成長期前後から葬儀業者に葬儀を頼む人が増加し始め現在では多くの人が斎場と呼ばれる葬儀式場で葬儀を行うようになったのです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]葬儀の費用に対する消費者の動向と変化

2010年くらいから葬儀の費用への関心が高まり、それぞれの項目に対するおおよその値段が一般の方にも広く知られるようになりました。それに合わせて格安プランなどが多く作られるようになりました。

現在の葬儀の費用の中で大きな部分を占めるのは葬儀式場の利用料、祭壇の設置費用、そしてお布施代と飲食費や移動にかかる費用などです。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]民営の斎場を利用することによる利点とは

それらの費用を抑えるために多くの人が行っている方法が公営斎場の利用です。一般的に葬儀場の利用料金というのは公営のものよりも民営のものの方が料金が割高になる傾向にあります。

もちろん民営の斎場を利用する利点は多くあります。葬儀式場がきれいなことや葬儀を行う際にさまざまな便利な施設があること、その斎場が予約でいっぱいであっても近くの斎場で同日時での葬儀を行えること、また交通の便が良いところにあることから民間の斎場を選択する人も多くいます。

馬込斎場の葬儀・家族葬[千葉・船橋etc]費用を抑えるのであれば公営斎場の利用も考慮に入れる

公営の斎場の場合、料金が一律であり、また公的資金で建設と運営がなされていることから比較的低価格で利用することができます。

例えば船橋市、習志野市、鎌ケ谷市、八千代市に対応する馬込斎場の場合葬儀場の利用料は23,760円から43,560円です。料金に倍ほどの開きがあるのはその式場の規模によって使用料金が変わるからです。

また祭壇に関しても4,000円台で利用することができます。お通夜の前日から遺体を保管室に預け、斎場の祭壇を利用して式を行い、火葬を行ったとしても施設の利用料金は7万円以内で収まるのです。

終活をする目的のひとつには葬儀の費用でつれあいや後継者に負担をあまりかけたくないという思いもあるでしょう。そうした場合にはまず公営斎場の利用を検討してみるのも良いではないでしょうか。

PAGE TOP

|

サイトメニュー